雲仙山系単独縦走(妙見岳 国見岳 普賢岳 野岳 矢岳 高岩山 絹笠山)

9月10日 急に実家の方に用事ができ、一ヶ月ほど前から考えていた計画を実行するチャンスが思いがけずおとずれた。2月の妙見岳(1333m)国見岳(1347m)普賢岳(1360m)野岳(1142m)の歩行4時間の縦走。先月の矢岳(971m)高岩山(881m)絹笠山(870m)の歩行5時間の縦走。それぞれを別々に回ったのでは何となく物足りなさを感じていた。そこで思いついたのが両方を一日で回る事。台風も通り過ぎ天気はまあまあだが蒸し暑いようだ。
ルートは池ノ原の妙見駐車場を基点に妙見岳、国見岳、普賢岳、野岳を回り、池ノ原で飲料水と行動食を補給、その後、矢岳、高岩山、絹笠山を回る計画で距離は約24キロ、行動時間10~11時間、歩行時間9~10時間の予定だ。
a0206345_12202031.jpg


8:20 夜明けとともにスタートしたかったが、急な思いつきだったために遅くなってしまった。スピードをあげて行けるところまで行こう
a0206345_1740464.jpg

8:42 仁田峠駐車場 時間が早いので駐車車両はロープウェイ関係者のようだ
a0206345_17451233.jpg

9:08 妙見駅に到着 見晴らしもまあまあ天草方面もよく見える
a0206345_17475385.jpg

9:14 妙見神社 冬期とはまったく違う雰囲気
a0206345_17525173.jpg

9:17 妙見神社の右側から3分ほどで錆た方位板がある妙見岳山頂
a0206345_17515956.jpg

9:30 神社まで戻り左側から尾根を進んで国見岳分岐
a0206345_17555963.jpg

眼前にそびえる緑豊かな国見岳
a0206345_20354825.jpg

9:38~9:41 標高差50mを一気に登って国見岳山頂
a0206345_1801117.jpg

気温は18度 風も強く汗をかいた体には寒いぐらい しかし涼しいのは野岳までだった
a0206345_1805417.jpg

紅葉茶屋手前の今も封鎖されている鬼人谷入り口、噴火前は風穴、鳩穴、普賢池、霧氷沢をへて普賢岳に至る事ができたが、今は紅葉茶屋から往復するしかない
a0206345_1891710.jpg

9:55 標高差100mを一気に降って紅葉茶屋
a0206345_184237.jpg

10:16~10:18 普賢岳山頂 標高差150m以上を一気に登りあがる 本日3座目のピークハントだ
a0206345_1910973.jpg

11:00 薊谷をへて仁田峠駐車場 観光客の車も増えてきたようだ 写真の右端が野岳登山口
a0206345_19122649.jpg

11:14 人一人がやっとの狭い野岳山頂のかわいい山頂標識
a0206345_19162199.jpg

野岳からの展望 先ほど登った妙見岳と普賢岳 後方は平成新山
a0206345_1917311.jpg

11:15~11:30 野岳休息所 時間的に余裕が出てきたのでここで昼食
a0206345_19201781.jpg

11:53~12:03 仁田峠に戻り再び池ノ原妙見駐車場 日当たりを考え車の位置を入れ替え、飲料水と行動食を補給して、矢岳に向けて出発 
a0206345_19232125.jpg

雲仙ゴルフ場を挟んで石畳の遊歩道から美しい山容の矢岳を望む
a0206345_1932464.jpg

12:18 遊歩道から車道を3分歩いて矢岳登山口
a0206345_19352066.jpg

12:43~12:45 ゆるやかだと思っていた登山道がやけにきつく蒸し暑い やっとの思いで矢岳山頂
a0206345_19401038.jpg

この景色が見たかった ゴルフ場と左側の車道の間が池ノ原
a0206345_19413937.jpg

12:51 940mの矢岳三角点
a0206345_19435617.jpg

13:11 車道を挟んで宝原ツツジ園入り口
a0206345_1947378.jpg

13:47~13:57 高岩山山頂
a0206345_19495356.jpg

左に矢岳 中央に妙見岳、普賢岳、野岳、平成新山が見える
a0206345_1954381.jpg

麓の南島原、有明海を挟んで天草も見える 中央付近の島は湯島 その昔、天草四郎率いる一揆軍がこの島で話し合いをしたことから別名『談合島』と呼ばれている
a0206345_19561553.jpg

みそ五郎どんも相変わらずだ
a0206345_19551713.jpg

今日は塔の坂の方へ降ってみよう
a0206345_19585927.jpg

14:14 林道高岩線 右をとって白雲ノ池まで約1時間の車道歩き
a0206345_203109.jpg

14:47 小地獄温泉 自動販売機でアクエリアスを1リットル補給
a0206345_2044780.jpg

15:10 鏡のような白雲ノ池
a0206345_207121.jpg

15:32~15:50 絹笠山山頂 運がよければサンセットが見れると思ったが予定よりかなり早く着いてしまった
a0206345_20102392.jpg

東側には雲仙の温泉街 その向こうに左から国見岳、妙見岳、平成新山、野岳、矢岳が見える 今日登った七座の中では標高は一番低いが、展望は一番だ!
a0206345_2011036.jpg

西側には橘湾から長崎半島 この方向に美しい夕日が沈むらしい サンセットヒルの由来だ
a0206345_20185553.jpg

16:15 雲仙の町並み
a0206345_20211219.jpg

16:27 もう少しで池ノ原 この遊歩道が最後のビクトリーロードだ!
a0206345_20235863.jpg

16:45 ゴールの池ノ原 妙見駐車場 出迎える人は誰もいない静かなゴールイン
a0206345_20274968.jpg


今回の目的はピークハント。一日で雲仙七座を制覇することができ自分の可能性も確かめることができた。予定よりも2時間早く回ることができた事も満足のいくものだ。これで黒髪山系往復縦走が見えてきた!

歩行距離 25キロ  行動時間 8時間25分  歩行時間 7時間20分

雲仙山系の最終目標は、普賢岳、国見岳、妙見岳と、野岳、矢岳、高岩山、絹笠山、九千部岳の三峰五岳の八座を一日で単独縦走する事だ!余裕があれば吾妻岳まで登りたい!
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/13557733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3gakuttai at 2011-09-11 21:43
イチブンさんこんばんは
一言
すごすぎ!
Commented by イチブン at 2011-09-12 21:53 x
副隊長こんばんは
3ガクッタイのメンバーなら、その気になればこのコースを一日で踏破することは可能だと思います。
いつかチャレンジしてください。
Commented by y師匠 at 2011-09-13 13:26 x
イチブンさんこんにちわ
蒸し暑い日でしたが凄いですね、私ならバテますね、標高1000mぐらいになると涼しいのかな(18度)太郎は暑かった。
by ichibunn-go | 2011-09-11 21:11 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)